MENU

タケプロンOD錠30mgの市販での販売や通販や個人輸入について

 

タケプロンOD錠30mgは市販では販売されていません。
マツキヨやツルハなどのドラッグストア薬局などではタケプロンOD錠30mgはないんですね。

 

今すぐにでも欲しいなら病院に行って医師の診察を受ける必要があります。
ただ、タケプロンOD錠30mgの市販はありませんが、個人輸入で通販することは可能です。

 

タケプロンOD錠30mgの個人輸入代行なら「オオサカ堂」がおすすめです。
オオサカ堂ではタケプロンのジェネリックもありますし、購入者の口コミも見れます。

 

私も良く利用しますが、割引やポイント付加、全商品送料無料なのが嬉しいですね。

 

タケプロンOD錠30mgの効果や特徴

タケプロンOD錠30mgは、胃酸を抑えるためのお薬です。プロトンポンプ阻害薬と呼ばれるもので、ランソプラゾールという成分でできています。胃酸を出すプロトンポンプを抑えることで胃酸を抑制する効果が期待できます。

 

タケプロンOD錠30mgは胃炎や胃潰瘍、逆流性食道炎などの薬として利用されることが多くなっています。また、抗生物質との併用でヘリコバクターピロリ菌の除去などに利用されることでも知られています。

 

ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの原因にもなりますので、きちんと治療する必要があります。市販で購入することは基本的にできないので、病院にて処方してもらうか個人輸入する必要があります。

 

また、胸焼け防止などの薬にもタケプロンOD錠30mgが利用されています。

タケプロンOD錠30mgの副作用や注意点

タケプロンOD錠30mgは作用の強い薬のために副作用に関しても何点か気にする必要があります。主な副作用としてはALT値やAST値が上昇する可能性があること、便秘や軟便、下痢などを引き起こすことがあることが知られています。

 

重篤な副作用としてはアナフィラキシー様症やショック状態、汎血球減少や貧血などの症状が出ることがあります。タケプロンOD錠30mgの服用に際しては気を付けておきたいこともあります。

 

一部では肝機能障害、間質性肺炎、血便を伴う重篤な大腸炎、意識障害などが報告されています。

 

また、軽度の副作用として頭痛、吐き気、眠気などが起こる場合もあります。重篤な副作用に関しては、発症確立は0.1パーセントとされているのであまり心配はしなくてよさそうです。そういった症状があった場合にはすぐに医師の診断を受けるようにしましょう。

 

何らかの持病やアレルギーを持っている人は必ず事前に医師に相談の上、服用すること、長期間の服用に関しては血液検査や肝機能や腎機能の検査を定期的に受けることを心がけて服用をすること。

 

タザナビル硫酸塩やリルピビリン塩酸塩を投与中の人は服用は禁止されていること、妊婦や小児、高齢者に搾乳中の人肝臓に障害のある人などは医師に相談の上服用することなどが挙げられます。

タケプロンOD錠30mgの用法・用量・飲み方

タケプロンOD錠30mgは通常成人で1回30mgを1日1回服用することが定められています。また、胃潰瘍には最大で8週間、十二指腸潰瘍には6週間まで服用が可能です。

 

逆流性食道炎の治療には30mgのものを1日1回服用する場合が多いです。病状に応じて服用量が異なりますので、医師薬剤師の指示に従って服用するようにしましょう。

 

また、併用して良い薬などに関しても取り決めがありますので、頭痛薬や鎮痛剤などと併用する場合にはまず医師に相談するようにしましょう。服薬量に対して副作用のリスクが大幅に増加する、といった心配はありません。

 

基本的には市販にはなく処方箋の薬になるので、副作用の症状が出た場合には処方された病院の医師に相談するようにしましょう。また、症状が治まったからと途中で服薬をやめてしまうと再発の危険がありますので、処方されたものは用法を守りきちんと摂取するようにしましょう。

 

服用は食前が望ましいですが、前回の服用から8時間以上が経過していれば特に時間に決まりはありません。必ず8時間空けること、まとめて2回分服用などはしないように気をつけましょう。

タケプロンOD錠30mgを飲んだ人の口コミや評判

タケプロンOD錠30mgは胃酸を抑えることが出来る強力な薬となっています。そのため、作用も覿面に良い効果を表すことが多いようです。実際にタケプロンOD錠30mgを服用していると痛みがあった胃が快癒したとか胃潰瘍が緩和されたなどの口コミの多さに気が付きます。

 

多くの人は副作用などにあって悩むというような人はないようです。それでも中にはタケプロンOD錠30mgを飲んでも症状が緩和されなかったという人もいます。薬ですので万人に効くとは限らない側面もあるのです。

 

合う人と合わない人が出てくるのはある程度仕方がないことだと言えるのです。口コミで目立つ副作用としては口内炎ができるとか喉が痛いなどの意見がありました。

 

副作用ではないかと思われるような症状が出たときは医師に相談の上、服用に関して継続するのかどうかを判断するように心がけてください。いずれにしても決められている用法を守ることがとても大切なことです。

 

飲み忘れたから2日分を1日で飲むと言ったことなども避けなくてはいけません。思いもしないような副作用が起こってしまう可能性もあるからです。タケプロンOD錠30mgは基本的に強い薬だということを忘れずに服用しましょう。

 

 

※薬には副作用の強いものもあります。個人輸入代行は自己責任ですのでよく検討してから購入してくださいね。